忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お昼前に目が覚める。お腹がいたい。トイレに行く。力をいれることもなくただうずくまって座っている。座りながらうとうと。トイレが寒いのでタオルにひっくるまって、座りながら寝てた。でも痛さで目が覚める。そんでまた寝る。また起きる。本を読み出す。本を読みながらうずくまりながらまだまだヤツの気配はなし。が、痛みだけは十分。脚もしびれてきた。もおかれこれ1時間はここにいる。うーん、早くベッドへ戻りたい。

一旦トイレからでる。脚がだるい。タバコとコーヒーで懲らしめてやる。更に追い込んでやる。コーヒー飲んでタバコ半分吸いかけで兆候。トイレ行く。痛みの少ない加減にポーズをとるのもなかなか難しい。便秘のツボを気持ち押す。そんなには強く押せない。それどころかお腹パンパン。自己治癒力でイメージトレーニング。「でますように」「ドラゴンボール・かめはめはー」と暗示。自分勝手なラマーズ法も取り入れる。期待は空しくただ痛いまま。変に刺激して吐き気してきた。そう来たか、上から毒素。

胃がもおお祭り。シンクに立つまでもなく便座に座りながらバスタブにコンニチワ。♪胃液吐くまで~・胃液吐くまで~♪ブラックコーヒーが悪かったんか、せめてミルク入れればよかったんか。暴れん坊の毒素がもの凄い攻撃をふっかけてくる。んーこの腹痛とりあえずどうしたもんか。確かに昨日寝る前にサラミ10枚ほど食べたけど、それが悪かったんかなぁ~。ああ、トイレにもお2時間もいる。冷や汗体験、あせばむわぁ~。

私はうつろながらにもいろいろ考えた。全体的にいえば生理痛からくるもので確かにここ3日間便秘。おなかパンパン張りまくり。ちくちく痛い。私が睨むには日の浅いとこは洪水状態で日の遠いとこは砂漠でウサギ。この砂漠さえ越えればあとはその勢いにのってしまってすっきりしたいところ。あああああ~~~~脚に力がはいらない。ふんばりがきかない。和式トイレスタイルに座りなおそうかと思ったくらい。

闘い始め2て時間半、無事砂漠地帯終通過。しかしこれと同時に洪水の激流がじわじわと押し寄せてくる。冷や汗。自分の行動、思いのままに。バスタブにお湯を入れる。はいる。ふわぁ~~~、なんとも心地よい。だれるがままで、もお動けない。ところがどっこい、私の腸の中でいきなりスノボーもしくはサーフィン開始。今入ったばっかりやのにあがるん寒いやん・・・。ピーッ!上がるわ上がる・座る・まつ・松・待つ・気配なし・バスタブへもどろうとした瞬間・気配有・まつ・末・待つ・ワンドロップ・朝露。んもーあんなけ時間かけた痛みやのに、それだけ!!!♪期待はずれの人♪完璧宿便コースで「ねちこい」痛み。壁はがされてます。

そんなこんなの格闘でトイレには6時間もいた。その後、1時間に1回程度で痛みとの闘いは8時まで続いた。4キロ体重減る。げっそりでもない。元に戻っただけ。
PR
♪じっと手を見る・じっと手をみる・意味もなく・じっと手をみる♪(スチャだらパー)まさかこんなことになるとは思ってもみなかった。私の手、糊と絵の具で凄いことになってる。「孤独な者は自分の掌をみつめることにすら、熱い涙をさそわれるのではないか」(有島武郎・惜しみなく愛は奪う)泣けるぜ私のこのがんばり。

今日はジャスティンと早くもクリスマスプレゼントの買出し。Jamie(ジャスティンの兄)に送るプレゼント。今年は違う意味で特別。それはJamie兄ちゃん(31)、5年間つきあった女性と11月にお別れ、そして新たなアパートへ引越し。兄思いのジャスティン、いろんなネガティブ妄想。「本人はそれほど気にしてないと思うよ。」「いやいやベイビーは知らないんだよ、彼の性格。どっぷりつかるから。昔は引きこもりやったからね」そんなん余裕で私も突破。私も「ぷち」引きこもり。内向的なのよ、感受性が強いのよ。どんどんエスカレートしていく勝手なジャスティンの一人妄想で「部屋に緑を飾ればなんかいい」と提案。それはそうやな、賛成。ザ・グローイング。

私の家にもいくつかの観葉植物がある。またこれがある日を境にぐんぐんと成長。今なんてジャングル。今日、ミニバンブーの水の入れ替えしてたら新芽4つ発見。嬉。ジャスティンの部屋の観葉植物おたくぶりもすごい。ここのところが新しい・こんなけ伸びてる・ここのライト加減が悪いからノビが悪い・・・続く・・・現場検証・葉っぱ検証・・・しばらくそのままでお待ちください・・・とその一々の説明は長い。

そんな感じで思い立ったらすぐ行動。観葉植物を求めてバス10分+徒歩10分。フレッドマイヤーに行く。求めるPlantはタダ一つ。それと土とPotと。いろんな鉢を見たけど、アレが一番よかった。別にそれが一番安かったから買ったとかじゃなくて、それが一番よかった。それでオリジナル鉢を作ろう作戦。君は一人じゃない。

帰ってきておおよそのアイディアを話す。OKの確認。なんつってもコラボやから一応の返事はとっておく。明日ぐらいから始めますかなんて思ってたらジャスティンが「いつ開始?今晩?」うわぁ~めっちゃ楽しそうにAsking me。こ・こ・これは「今晩から初めて欲しいなぁ~」モードぎんぎらに感じる。私もちょっととりあえずのミニ実験もしたいのもあって、ペインティング作業着に着替える。その前にBefore鉢の写真を収める。ジャスティンは写真係。写真撮影のセッティング、私、ここではアシスタント。

作業開始。作業開始の私の写真も撮られる。どんなんになるのかチラチラこちらを見てるビームばりばりに感じながらも、大胆に進めていく。すると急に「はい、これも!」とジャスティンの掛け声と共にある雑誌の切れ端を渡される。。差し出されたものの確認もすることなく、無言のまま破っては貼り、破っては貼り、その同じ作業を続けていく女、私。第一段階終了。またまたその写真をとるジャスティン。セッティングを支える私。

ジャスティンが寝ました。寝る前の監督からの忠告。「それぞれのステージが終える度に写真をとるように」「はい分かりました」とその時は考えもなく答えたけど、私ん時の撮影全部一人でセッティングせなあかんやん。やられたわ。早く次に行きたいけど、写真撮影が面倒なのでなかなか動けない。休憩しながら鉢を遠目から眺めてます今。たぶん(セッティング無しに)そのまま撮ります。
昨日のデートナイト、さぁ出かけましょう、オットその前に写真タイムです。Art Director&Photographerジャスティン。Meモデル。ペインティングの前で立つようにと指示される。正直自分のペインティングと写真とるのってなんか照れるというか、恥ずかしいというか、戸惑いというか、驚きというか、でもほんとは別にイヤじゃなく、正直嬉しい。

休憩のなにげ撮影。体・顔・目など角度の指示。コートオン。おもっきり歯を見せてスマイルとの指示。ああこれあんまし好きじゃない。確かに私の歯並びは完璧。誰もが認める完璧な歯並び。小学校の歯科検査もいつも誉められていた。歯医者さんもびっくりなくらい理想の歯並び。虫歯もないのがほんと自分でも凄い。そんなに歯の手入れを入念に行ってますってわけでもないのに、なんやったら人より歯磨きしないのに、歯が強い。たまにいるよねそういう人。それが私。昔なんかのテレビでみたことあるけど、子供の虫歯の一つの原因に大人から浴びせかけられるキスキスキス攻撃。菌がうつるとかなんとか。っていうことは私は誰からも可愛がられなかった・・・。そんなの嘘よ嘘!私は可愛い可愛いの長女よ!生後まもなく太鼓の上に乗せられて・泣く泣く渡るは日本橋♪のその証拠写真だってちゃんとあるわ!♪異人さんに連れられて行っちゃった~♪

そんなことより、写真。私は目と口で優しく微笑みたいのに。写真撮影だけで30分はかかったと思う。自分でいうのもアレやけど、私は写真写りがいい。写真にとられるのはそんなに好きじゃないけど、嫌いでもない方。
デートナイト。外食といえばメッカ。オーダーメニューはもはやお決まりコース。チョイスがない。BLT(ベーコンレタストメト)サンドウィッチ、ツナメルト(ホット)サンドウィッチ、1回だけオムレツとワッフルとホットケーキとサーモンシザーサラダ。そんなとこかなぁ~。とりあえずこの料理たちってばヘビー&グリーシーでにきびができそう。

で、昨日の夜の私の課題は「デートナイトでどのレストランへ行きたいか」、これ、もおまじで考えたね。悪魔と天使、エゴとの闘いやったね。

で、今日の行き先は日本食レストランBY中国人経営in Lower Queen Anne。そのナも「SAM’S SUSHI」ジャスティンのアイディア。泣けるぜこの気遣い。メッカの斜め向かいで徒歩10分ミマン。何気に好きココ。それなのに、私ってばここの存在を完全完璧100%に忘れていた。そしてある重要なことも忘れてた。人間とはそういうものよ。

オーダー:
餃子、てんぷら、とんかつ、アサリの酒蒸し。ドラゴンロールとサーモンスキンロール。

料理の一番最後にアサリの酒蒸しがくる。それは全然モーマンタイ。で、これ、このアサリの酒蒸し・・・。私の想像と大いに違った。まず絶対に酒蒸しじゃない。醤油ラーメンのスープのような色。酒蒸しやけど全然お酒の味がしない。やられた~第一弾。やられた~第2弾は、アサリの酒蒸しのアサリが10個あるうち、2つだけがオープン。あとはクローズってなにそれ。覚えてる限りでは2つ半開き。力ずくは無理っぽい。残りは完璧に頑固者か臨終。これは何がなんでもどうなのよ?しかもそのアサリってばほんまにアサリ?乾燥アサリとか?貝殻にこびりついてショボショボ。アサリ味噌汁に負けてる。

ウェイトレス呼んで説明。心の叫び。あっ、別にこのアサリが閉じてるからといって電子レンジでチンなんてしなくていいですから。お前はもおすでに死んでいる。死んだものとみなしてます私。だからだから無理矢理オープンするのはやめて~。貝にあたった怖いし。

ウエイトレスもキッチンに向かって中国語で何かいってる。「冗談じゃないわよ、このあさり!恥かいちゃったじゃないのよ!やりなおして!」なんて?で、そのウエイトレス帰ってくる。あれが最後のアサリだったらしく、キャンセルということでお金はチャージしません。チェック見るまで信用できない。

まぁアサリ酒蒸しなんてオーダーする人あんまりおらんわな。アメリカ人はそこまで求めてないねん。白人ばっかりのお客さんのうち、そんなオーダーするの私ぐらいなもんやったんかもね。ああ~私はダメな子です。空気読めてませんでした。私、そこまで考えてなかった。そう考えるとやっぱりあのアサリは最後の何週間か目のラストスパートクラムやったんかも。閉じてる理由はクックの時間が短かかったんじゃないのとか、そういう事も思ったけど、いくらなんでもあれを出すシェフ。知ってたんとちゃうのん?もおアサリの酒蒸しには未練はない。

まぁヨカッタ点は2つオープン。これが一つやったら・・・私譲ってたね。ジャスティンもきっと私に譲ってた。だってあれはないよ。見た目があかんやろ。そしてあさり意外に白菜3切れぐらいと春雨10本くらい。それいるの?チェックは勿論ノーチャージ。サンプルとして「あさり酒蒸し」試食しましたみたいな。

家に帰ってきてからの会話:
私「こんどアサリの酒蒸し作るわ。あんなんじゃないから」
J「今度はもっとちゃんとしたところへいこう。ウェイトレスのサービスもいいところ」

あ・・・ジャスティンも思ってたんやソレ。
言うてもSAMやしね。それ以上のことは求めたらあかんよ。
あれも含めて全然楽しかったけどね、私的には。
□読書とイラストに没頭。雨が降っていたらしい。

□明日はDate night。バジェット$1000。

□♪一年生になったら・一年生になったら・友達100人できるかな?

□バイバイは陽。裏バイバイは陰。

□プラグカバー。未来のことを考えない。今を生きる。赤。

□未来のことは考えないが、サンクスギビング・クリスマスのことは考える。

□仏教とキリスト教と自分教。聖母マリアの刺青。左肩。

□♪人生楽アリャ、苦モアルサ♪

□♪坊や~よい子だ寝んねしな♪

□ジョージWブッシュが画面に映っただけでなぜか笑ってしまう。ナイスなマテリアル。

それから・それから・・・。
■ヴァセリン買いました。めざすはハエ取り紙系です。系って?~的みたいな?父「おれ炭酸的みたいなもん飲みたい」え?炭酸は炭酸でいいんじゃないかと弟・妹の会議より。

■食器を洗うときはお湯です。なぜならEコライ防止のためです。数ヶ月前にワシントン州のある地域で飲み水の中からEコライが発見された。学校休校(そこの地域のみ)。怖い。もお水道水なんて飲めない(私のとこはOKやけどそれも怪しい)。氷を作るときもお湯からです。ニューズキャスターの人がそう言うてたから。なにげにそれ以来ずっと守ってる。シアトルの電気会社、頼むから値上げしてくれんな。これは市・州の問題やぞ。大家族の身にもなってみろ。そういう私は偽善者です。「ただ罪人は叫ぶ。それを神が聞く。偽善者は叫ぼうとする程に強さを持ち合わせていない。故に神は聞かない。それだけの差だと私には思える。」(有島武郎・惜しみなく愛は奪うより)

■今日のディナー:Crab Stuffed Salmon。サーモンのなかみ→クリームチーズとカニ、ほうれん草、周りパン粉。400Fで15-18分。サーモンダイスキ。サーモンスキンもダイスキ。SeaFoodデパートメントのお兄ちゃんタチ、サーモンスキンクダサイ。Yellowtailの頭もタイの頭も喜んでもらいますよ。どうだ君達アメリカ人、この食材の価値が分かるかね?そこは捨ててはダメです!ピッーーーッ!

■そろそろ日本から荷物が届くはず。それまで知らんふりしとこう。「えっ、何、荷物?えっ日本から?」たのしみ~ン。

■ブログも絵も思ったときに書留とかなすぐ忘れる。イラスト描きが楽しい今日この頃。ウェブ更新はまとめてします。

■ダニエルは日系3世。ジャスティンのボス。2ブロック先に住んでる。そんなダニエルの昔話。「僕は昔魚の目をよく食べたもんだよ。兄弟とりあいでね。母親が魚の頭までクックしてたから。」それを聞いたジャスティンが私に報告。私が「魚の目」ダイスキ人間ってどこからともなくかもし出してるんか知らんけど、そうです、まさにその通りです。魚の目は私のもの。目ん玉専門。父と私の取り合い合戦。母はまわりのコラーゲン専門。絶対ほじくりだすね。まず目ん玉があるか確認するね。両面・りゃん面・裏表。でもそれはタイのあらたきにかぎります。魚の目食べたら目がよくなるなんて、ダニエルも私もメガネです。ついでに「くわい」は芽がでます。

■ご飯は最近「白ご飯と玄米ミックス」です。玄米オンリーだと悲しいくらいに食欲がなくなります。玄米のあの匂いがだめ。こみ上げてくるものがあります。玄米ご飯の行き先は大概焼き飯にするか、おかずは濃い目でちょんちょんとご飯につけて食べます。もしくはふりかけ、この際なんでもミックスで玄米の匂いを消します。自分で炊いといてからに我慢して息はなるべくしないようにしてます。何故私はこれを食べなければならないのか。この「~しなければならない」を人生から排除しましょう。それと反対に白ご飯ってほんと美味しいし、なんだか愛しい。それが問題。白ご飯だとついつい食べ過ぎてしまう。おにぎり12個です。でも最近は玄米も入っているということで気持ち「ブロック」されてるみたいで、がぶつけません。「玄米がなぁ~ちょっと・・・」でご遠慮してる次第であります。

■ストレッチ始めました。道具:縄跳び、ガロンのダンベル(手作り・力こぶ付き)魅惑の変身、Biggest Loserです。

■NBCがグリーンWEEKということで歌います。♪グリーン・グリーン(ロングバージョン)♪聞いてください。もしよろしければ一緒に口づさんでみてください。基本は複式呼吸です。張り切ってどうぞ。ちなみにこの日本語歌詞についていろんな解釈があるみたいですが、作者コメントは「読み手がどう解釈されるかは自由です。」でた~~~~~!
ほっぺたが痒かったので肩でかいた。ん!!!私は見逃さなかった。このザラザラ感は何?明らかに古い角質がめくれているというか、お粉の原因は絶対コレと確信。昨日のドライスキン対策の続きとして、今日は湯船にゆっくり使って本を読みながら肌をふやけさすの巻き。そして友達から数年前にもらった韓国垢すり手袋でごしごし開始(やっと使うときがきたわよ!)。これっておもっきりナイロンなんやけど今日は特別です。私のミドルネームは「スペシャル」です。

垢が徐々に私のお肌からさようなら。長いこと住みなられたところから今まさに「それら」は去っていく。どれだけためただろうか。垢すり手袋だけじゃちょっと痛いので、石鹸をつけてこすりだす。徹底的にこすりだす。お湯をかけながらこすり出す。ここまできたらどんなけのもんか、体全体こすりまくる。「後の人のことを考えてお湯の中では体をこすってあらわないように。」そんなもん今の私には関係ない。私一人の湯船。徹底的によごしてやる。ガンジス川もびっくりなくらいに。

そして湯船につかる。びびった。バスタブの中にこんな線ありましたっけ?え~これって・・・垢ですよね?水面の片隅はどぶ川のようなおどろおどろしい油が浮かび上がっており「どぶ亀」いますよ状態。寝屋川思いだしたました。その謎の線、白のようでしろでない。よく見るとなんだかねずみ色。全体的にみるとこげ茶みたい。私一人でこんな貴重な体験をしていいものなのか。そして泳ぎまくってる。「赤潮」をも想像させるくらいの未知なる物体が浮かび上がってる。こっちへ迫ってくる。私、私ってばこんなにも汚かったのね。今一度清めたい気持ち。そしてもう一度体を洗ってみる。気持ちつるつる。そらそーやわな、私すんごい汚かってんもん。あんなの家族のものにもみせれない。人として、人として、それはあかんやろ。

このバスタブの汚さ自分的にも見苦しい。人としてこれはダメ。自分探しの旅、巡礼に出かけます。精進しなさい私。速攻バス洗剤でバスタブを磨き出すが、かなり頑固な汚れ。私の体から出た変な油でべっとりバスタブがキュルキュルじゃない。更に磨く。そして磨く。この際体に洗剤がつこうともかまわず、一心不乱に磨きまくる。そして水シャワーで洗い流す。罪が開けた。開眼セレモニー。

無事ピカピカのバスタブに戻り、今度はシャワーで私自身のからだをぬるま湯で流す。いくらなんでもこの時石鹸で体は洗いませんでした。流しオンリーです。流しの私と言っても過言ではありません。今日も飲み屋で流します。あなたの横で流します。命かけて流します。そんな私は旅人です。行は脚なり我は行く。大地を踏みしめまた一歩、我は自然の一部なり。点と点とのつながりなり。

♪君の行く道は~果てしなく遠い~なのに~なぜ~歯を食いしばる~君は行くのか~そんなにしてまで~♪
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH