忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 152 151 150 149 148 147 146 145 144 143 142 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日日本から荷物が届いたのでさっそく「たらこふりかけ」でご飯をたべる。私はお弁当が大好き。ということで今日はお弁当箱ではなく、きちんとお皿(大)におかずとご飯をセットしてラップをかけて匂い味もしみこませて、10分ばかりまったところで好きなテレビ番組と共に食べた。それがしたかった。ふりかけが久々だったのでおかわり。あやうく2合たべそうになったがそこはおさえた。もおこの際、炊飯ジャーの中にあるご飯にふりかけをかけておこうかと思う。明日が更に楽しみだ。

今日はおかずで赤ピーマンをいれてみた。緑より美味しいかも。昨日のパーティで好き嫌いの話がでた。友達が肉じゃがを作った。私はその中に入っているミニキャロットをみて神に祈るくらいの落ち着きを払い、そして神経を使って人参は省いた。するとここに人生の大きな落とし穴が。なんとその肉じゃがにはさやエンドウが入っていたのだ。食べれんこともないがさやエンドウだけ残す私。あからさまに「いかにもよけてます」みたいなかんじで。どうやら私は好きなものから食べるということが昨日判明した。

私はいまだに人参が嫌い。幼稚園の給食弁当のせいだ。あれはひどかった。幼稚園で精進料理系はないやろ、エビフライ出せっちゅうねん。給食制度にした幼稚園の理事長(尼さん)を心から恨んだ。ひじきや金平や細かく刻んだ薄切りタイプで、他の味と誤魔化して食べるのはOKだが、いかにも人参の味がまだしてますぐらいの大きさは手につけない。小学校の調理実習でつくったオレンジジュースで煮込んだ人参を食べた時、なんとなく克服できたかもと思ったがアレ以来自分で作ったこともなく人参嫌いが続いている。もちろんミニキャロットをぼりぼり食べるなんて沈黙。アメリカの人参は甘くて美味しいなどと言われてもなんの魅力もない。甘いイチゴ味なら食べますけど。いくら好きなマヨネーズをつけて食べたとて絶対に人参の味をムニャムニャして絶対人参の味だけは逃さないだろう。追求心のカタマリと思ってくれていい。

何年か前友達が家出したときに私の家に1週間ほど泊まっていた。その時に彼女がミニキャロットを買って冷蔵庫に入れていた。しかも人参だけでなく戸棚にはベジタブルスープ缶を2つ発見(まずそうな人参とセロリの写真)。なんなんだこいつは。その後彼女はそれらを食べることなくだんなの元へと帰っていった。どうしてくれようこの人参と野菜スープ。彼女に電話して人参取りに来いと私。捨ててくれと彼女。もったいないじゃないか人参がと私。なんともひどい女め。私はその人参に愛情すらわいてきたかのようだった。ミニキャロットをせっせと擂ってオレンジピーるもせっせと擂って、オレンジキャロットパウンドケーキを焼き上げた。あれは最高においしかった。それ以来オレンジキャロットパウンドケーキは私の得意分野になった。ベジタブルスープは彼女と数年ぶりに去年の冬に再会したその時にきちんと返還した。これで私もすっきりだ。(ちなみに彼女がおいていったピーナッツバターはまだ冷蔵庫にあるが一切手をつけていない。そろそろ捨てようかと思う。明日あたり電話して確認を取っておこうと思う。)

セロリはまったくダメ。たとえ少量のセロリが入っていたとしても、何もしらず食べた瞬間、そのセロリの強い味だけはどうして逃すことが出来ようか。私の顔・肉体はいきなり沈みモード。首もガックンとなんともわかりやすい人に親切な態度で示すことができる。アクトレスと思ってくれていい。
PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH