忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 153 152 151 150 149 148 147 146 145 144 143 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こないだの湯豆腐パー亭でクリスというアメリカ人がいた。日本語がぺらぺらというより関西弁がぺらぺら。確か神戸かどっかにいたとかなんとかで。何年日本にいたのかは知らない。一見コンピューターナード系で気のええ優しい兄ちゃん系。周りとは話しが弾んでいるようだが、私はあまりクリスとは最初喋っていなかった。

例の肉じゃがを友達が説明する。「ニックジャガーやでコレ。」クリス爆笑。え~~~~~~。私達日本人はそんなダジャレは聞き慣れてて「言うてまいよった」と寒い感じがするのだが、クリスがそんなに笑ってくれるので、その後肉じゃがは「ニックジャガー」と当たり前のところまで行き着いた。どうやらクリスにとっては始めて聞く駄洒落だったらしい。そうしてクリスもぼける。そのボケはマリモとなんかをかけたものだったが、もおこれは連想ゲームのようだ。突っ込むのに時間がかかる。友達がそのマリモをネタに「あかん子やなぁ~」と。クリスにも分かるように友達の優しい説明が入る。

私の隣にいた男性が会話の中で「10年一昔」と発言。私はその久しぶりの響きにはまってしまった。すごい言葉だ。10年一昔。その言葉の持つ響きが美しく感じた。周りは全然そんなことおかまいなしで、あっちゃこっちゃで話がはずんでるものの、クリスも私同様鋭い反応を示した。その時始めてクリスと打ち解けたような。私とクリスの目があう。互いの目は輝いている。鍋を越して私とクリスの会話。「それじゃあ20年はふた昔前って言うんかぁ?」とクリス。そういうことなんかなあと私。自信なし。そこまでは考えてなかった私の頭。

パーティもダンダンぼろぼろになってきてみんなそれぞれ好きなことし出したり・好きなことし出す。一人で本を読むもののおれば、部屋の隅っこで寝転がってる人もいたり。クリスがぼける。おもんない。容赦なしに突っ込む。「あかん子やなぁ!」それでいてクリスは落ち込むこともなく「今のであかん子の使い方がはっきりと分かった」とポジティブ君だ。

また何かのはなしでみんなでもりあがってて、その「10年ひと昔」と発言した男性が「もお20年も前の事だから忘れたよ」と。クリスがその時さりげなくか緊張してかは知らないが小声で「ふた昔前やなぁ」と言った。私はそれを聞き逃さなかった。思わず大声で「クリス!えらい!ふた昔まえ!使った今!」私達の目がまたまた輝く。なんかクリスにありがとう。すごい人だこの人は。もちろん周りはなんのこっちゃで話しはどんどん進んでる。クリスは勉強家だと思った。

帰りぐらいに名刺をもらった。UWコンピューターサイエンス専門。日本語プログラム。やっぱりコンピューターナードやったか。

そんなこんなで今日作品を創りながら休憩がてらに本をよんでいると、「ふた昔前」という言葉を発見。私たちは間違っていなかった。というより、特にクリス。クリスに報告しようと思った。「どうぞ自信を持って使ってください。」
PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH