忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56 55 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました太陽の塔「参り」。こんなに過酷な旅になるとは。行きしは「桜渋滞」に巻き込まれ、ベンベンのアイディアでモノレールで行くことになる。

まず太陽の塔の観察。観察といっても記念写真をおのぼりさんみたいにとったくらい。それでもやっぱり太陽の塔の凄さをまじまじと感じた。それから国立民族博物館の催し物「聖地・巡礼」見物。まさか「イタコ」(ヴィデオ)がみれるとは。その後の民族博物館が最高によかった。でかい。とにかくバカでかい。所蔵品の数がすごい。シアトルの美術館はほんまにしょぼいと改めて思った。

初めのうちは3人で見て歩いているものの、そのうちはぐれ一人一人が別行動。途中までカメラ撮影OKというのを知らず、私は必死こいて東南アジアばかりまじまじと観察。あんな恐い仮面にもかかわらず、いちいちの細かいところがなにげに可愛かったりする。でもバリ島の「聖獣」の気配を感じた時は恐ろしかった。余裕こいてタバコタイム。「閉館30分前」の放送であせる。マップを初めて見る。しまった!アフリカみてない!しかもコースしょっぱなから間違えてる!

あせったのは私だけではなかった。ベンベンも私と同様、順番通りに見ていなかったため最後の最後は流し見程度だった。ベンベンと再会したとき私は思わず「アフリカどこ!」と。ベンベンはアフリカにゆっくり時間をかけたためか、場所はしっていた。アフリカへ直行する。私もアフリカ・オセアニアは写真撮りだめ。私達33歳組みは「♪あかんたれ~」。2人とも中国・韓国・日本は見れてない。悔しい!妹は順番通りに全部とのこと。さすが。3往復もしたそうだ。しかもパンフレットあつめてた。それでいて知り合いとも出会ったそうで、ご丁寧に挨拶も交わしたとのこと。

万博をでたのは6じぐらい。お次は大阪・梅田のジュンク堂へと。2時間半くらいいた。私達12時すぎぐらいに家を出て、水分ひとつもとってないし、お昼もたべてないし。なにこれ、ある意味「巡礼」やん。修行やん。半日断食コースやん。くたくた。何か食べて帰ろうというものの、優柔不断の3人の意見はなかなかまとまらない。店がきまっても食べ物が決まらない。「優柔不断でもいいじゃない!」そしてオーダーした後は黙々と無言でイッキ食い。早い。妹だけがゆっくりと・・・。どんなけ疲れとんねん、33歳。

何はともあれ、今日の巡礼コースおもろかった。
今週末の土曜日は大阪市立美術館へと参ります。
PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH