忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 176 175 174 173 172 171 170 169 168 167 166 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木に描いた絵を終わらせた。この木は人間の形をしていて平面作業ではないので、くるくる回しながら描いた。しばらく3Dをしてなかったので、あ、そうそうこの感覚と。塗り終えて何かが物足りない。ンンンンッ!ロウソクを垂ぶっかける。ドッバっと。紅白で決まりでしょ。今日作ったのにすでに「よごれ」。私はいつだってこの「よごれ」を愛している。これでこの作品はいつ壊れてもいい私は楽しんだ。そんなに丁寧に扱わんでもええ。何回も言うけど「お宝」じゃないから。

創り終わってお隣さんがノック。できたばっかりの作品をみせる。ロウソクの細かなところが壊れやしないかと触るの怖がってる。ドーンと掴んで前からでも後ろからでも、上からでも下からでも好きなところから見てくれたらええとデモンストレーションする私。「なにがなんだか分からないけど、凄い。強烈な言葉にできないようなものを感じる。肉体的。君はHOPE(望み)だ。アリガトウ。」そうそうこの絵(落書き)に意味なんてないんやから勝手に感じてくれて好き勝手に想像してくれたらええ。答えはそれや。私はHOPEであなたもHOPE。私達になんの差もないよ。(←沈黙の影響)

夜8時、こないだのアートパーティで友達になったBarryとBlock Party on Capital Hillへ行こうとしたが取りやめ。Barryの友達がここらへんにすんでいるということでそこへお邪魔。このBarryの友達がすごい面白い。彼の名前はスティーブ。ゲイボーイ。なんともセンスのいい人なのだ。階段のそれぞれの板には小さなキャンドルが置かれ、リビングルームもすっきりしていつでも引越しできますよ状態。トイレが泣けるほどおされで、リビングルームにもトイレにもお花はかかさない。ハッピーゲイを感じる。

しばしスティーブの家でくつろぐことになり、その後に三人登場。芸術論が飛び交ったりでちょっとしたアーティストミーティング。私はその会話を聞いてるのが楽しかった。(今日の私の耳・すんげー英語わかる・一言も聞き逃さない)私がかならず笑うポイント・つっこむポイントはみんなスティーブの発言。おかしくておかしくて。なるほどと思ったのが「ぼくはいつもストレートの男性に言うてるんだけど、ゲイバーにもっとおいでよって。そこには僕がみてもHOTな女性達がいて絶好の場所なんだよねぇ。女性には安全な場所だしね。」でもその後ですかさず一人が「それみんな知ってるから一番危ない場所」とあっさりあしらわれるスティーブに私はまってしまった。しぐさもかわいくて私より断然女性だ。He is a cool cat.

そこを退場して友達の家へいく。電信柱に新聞紙がまきつけられてるのを発見。部屋にもどって、絵の具と筆を持ち運び、いっきにペインティング開始。10時半くらい。色は黄色・オレンジ・赤・水色の4色。人通りは少ないのだがたまに人が通る。その時友達の役目は「ハーイ、ご機嫌いかがですか?」と笑顔たっぷりで挨拶。別にあやしいもんじゃないですよ作戦。で人がいったらいきなり塗り始める。ぐるぐる遠めからチェックしてダンダンとわけのわからないものができてくる。塗り始めて、その間約10-15分。即時に退散。ちょっとした「いたづらアート」できあがり。

そそくさとそこを立ち退いたため私は帽子を置き忘れてしまった。もお一回絵の具を持ちながらそこへもどる。どこやったっけぇ~?と、トコトコ歩く。オオ~ッ!すげー電信柱があるぞ!と私達はすでに興奮して、その電信柱をひととおりぐるぐる見回してまたもや退散。彼はNY出身でよくこういうことをしていたそうだ。おもろい人。

Barryの部屋でいろいろなものをみせてもらう。彼はちょっとした有名ジンなのを私は知っている。シアトルはアートの街って思ってる人がたくさんいる中、この人は少しでもシアトルにアートを取り戻そうと人々に活気をつけようとしている人。私の書道作品(2点)を買ったのもこの人だ。書について芸術についていろいろ話がもりあがる。プロジェクトの話もいくつかでた。あの時間はあるいみ面接みたいな感じだったと思う。そっちがその気なら私もなんも知らんふりしていろいろ喋り捲る。売り込み開始。といってもいつもここで書いてること喋るだけやけど。

さてさてこれから私の人生はどうなるのでしょうか。
PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH