忍者ブログ
プロフィール
HN:
びえん
HP:
性別:
女性
自己紹介:
***下の方に記事があります***


大阪>シカゴ('94)>シアトル('95~ )
シアトルの夜はグーグー眠る。シアトル在住というくくりだけで、Seattleit(シアトライト・シアトル人)とは呼ばれたくないです。勝手に命名:Nirvaneseと呼んでください。なぜならシアトルは全米で自殺率がトップクラスなんです。哲学者なんですよ、みなさん。なんて洗練された街なんでしょうか。曇りのち雨・お陽さんちょこっとのぼります。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お天気
Thermo Converter
英語がわからん
カテゴリー
ブログ内検索
最新記事
アーカイブ
リンク
カウンター
アクセス解析
バーコード
RSS
なんとなくテキトーに全力・前進
PAGE | 117 116 115 114 113 112 111 110 109 108 107 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メイルボックスは毎日オープンしない。なんかいつも無視。オープンしてもそのまま置いてかえることしばしばで部屋まで持って帰らない。今日なんとなしにメイルボックスをオープン。そしたら高校の時の友達からの手紙が。これは部屋まで持って帰った。っていうかその場で開けて読んだ。

なんと三人子供がいるらしい。上のお兄ちゃん2人は知っていたが2歳になる(一応の)女の子も。てんやわんやの毎日らしい。怒りまくってる顔が想像できる。姑は音信不通。これはええ感じらしい。

「芸術活動やれるところまでやれ」と励ましの言葉が胸に突き刺さる。「君の字は汚くて読まれヘン!」「君の絵はなんだ!」「こんな変な絵はなんや!」「それもこれも君らしくて手紙も絵もおもろい。」

よく言われること:あんたの絵はピカソや。
訳のわからない絵は全部ピカソになる。ピカソの絵はそんなに好きじゃないが、ピカソ自身は好き。巨大エゴ人間。作家が書いたピカソ物語は好きじゃないが、芸術家の書いたピカソの話は好き。ええ意味なんか悪い意味なんか、ピカソはありがたいんだか、迷惑なんだか、私ピカソちゃうけど・・・まぁええっかってなる。スルー力抜群。どうでもいいことやけど、もちろんいい意味にとる私。例え、ピカソになろうと努めても私は私でピカソにはなれない。そのなれないところに私自身がいる。だからそこに自分自身のオリジナリティが生まれる。今ええこと言うたんちゃうの?これ深いんか浅いんか、「我は王者なり(I・THE KING)」BYピカソ。
PR


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)楽しくないことやらない派 ブログ管理者 びえん
Blog Skin by TABLE E.NO.CH